セフレ作り

彼氏が出来て2年が経ちます。性格も優しいし、見た目もそこそこ良いけれど体の相性だけはよくありません。彼のあそこは小さいし、すぐに自分だけイク。自分のHに自信を持っているのか会うたびにHをやりたがります。だけど私は彼とのHは不満だらけ。このまま彼と結婚して彼以外の男性とHが出来ないのも嫌だなと思ってしまうこともあります。セフレが欲しい。彼にバレなければ作っても良いのでは、相手のことを好きにならなければ良いのでは、そんな気持ちからセフレ作りが始まりました。

ネットを利用してセフレ作りを見つけた方が簡単だと思いました。そして、1ヶ月後にはセフレ作りは成功し、1人の男性と知り合いました。名前は優一君。見た目は普通。話もあまり続かない引っ込み思案な感じでしたが、ホテルに着いてからの優一君は豹変しました。
オナ指示

まずはキスから始まり、首元に軽くキス、胸、お腹、足など丁寧にキスから始まる。その顔はやけにかっこよく感じてしまいました。そして、次は手の動き。友達とバンドを結成しギターを担当しているせいか手の動きが激しく手だけでイキそうになってしまいました。

「ダメだよ。まだ、イッちゃダメ。俺のも舐めて。」そう言って私は彼のズボンのチャックを下ろしました。第一印象は大きい。口に入るか分からないくらい大きい。必死に咥える私に彼は優しく頭を撫でてくれました。「気持ちいいよ。」喜んでくれて嬉しいと思いました。あれが私の中に入るのが楽しみです。
別苺
ホ別の意味